コラム

 公開日: 2018-01-29 

初めの一歩

今日は、
幼稚園の一体感作りの初めの一歩
について、お伝えします。

一体感作りの初めの一歩
幼稚園の職場には、
園長ほか教職員が一体となっている
印象を受けるところと
そう感じることが出来ないところがあります。
その違いは、
園長先生の思いの発信力にあります。

園長先生は、
常に幼児教育についての思いを
現場の教職員に語り続けることが大切です。

その理由は、

1.思いは語らなければ伝わらないからです。

どんなに崇高な教育観を持っていても、
語り伝えなければ、
その言葉が伝わることはありません。
伝わらなければ、
園長先生が何を良いとし、
何を良くないと考えているのか、
教職員に届きません。

2.語り続けることでポリシーが浸透します。

園長先生が折に触れ、
教育への思いを語り続けることで、
現場の先生一人一人に
園長先生の教育観が浸透していきます。
トップの教育観が
教職員の一人ひとりに入っていくことで、
園長の思いが私たち教職員のポリシーに
なるのです。

3.同じ思いを共有できるチームが最強です。

教育に対する根本の思いを
チーム全員で共有するということは、
教職員チームの一人一人の
行動の原則が同じになるということなので、
その幼稚園は同じ方向に力を集中でき、
最小の動きで最大の効果を発揮できる。
つまり、最強のチームになることができます。

結論


さあ、園長先生は語りましょう。
教職員の一人一人は
園長の思いを、語り継ぎましょう。

この記事を書いたプロ

株式会社安堂プランニング

経営コンサルタント 安堂達也

栃木県足利市大沼田町99番地2 [地図]
TEL:0284-90-2020

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
組織内連携力を高める幼稚園コンサルタント・研修講師 安堂達也さん

人材獲得の仕組み作りと人材育成研修で幼稚園・こども園に活気が増す(1/3)

 現在の幼児教育機関は、大きく3つの悩みを抱えていると彼はいいます。一つ目は、「保育士が集まらない」「入社してもすぐに辞めてしまう」などの、人材獲得と雇用の安定。二つ目は、「採用した保育士が育たない」「後輩をどのように教育したら良いかわか...

安堂達也プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

職員の連携力を高めた全国300園を超える現場での指導実績

会社名 : 株式会社安堂プランニング
住所 : 栃木県足利市大沼田町99番地2 [地図]
TEL : 0284-90-2020

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0284-90-2020

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安堂達也(あんどうたつや)

株式会社安堂プランニング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
5本指

今日も「教職員と園長先生がうまく付き合う方法」についてお届けします。今日からは、「五本指の心」で教職員と...

[ 人材育成 ]

分かりやすく具体的に
イメージ

今日から一週間は、教職員教育の7つの要件についてお伝えします。 今日は1項目目です。 組織作り、教職...

[ 人材育成 ]

教職員教育
イメージ

教職員への教育が重要であることを、これまではお伝えしてきました。では、教職員教育はどのように進めたらいい...

[ 人材育成 ]

良いことばかり☆
イメージ

これまでは、教育の構造化が必要な理由をお伝えしました。では、その実践でどのような利点が生まれるのか考えて...

[ 人材育成 ]

園児より難しい教育
イメージ

かつては、仕事は盗んで覚えるものであり先輩とはパワハラの鬼のような存在であることが普通でした。ま...

[ 人材育成 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ