プロTOP:齋藤淳一プロのご紹介

迅速な診断と、適切な治療へ導くための医療を心掛ける医師(1/3)

迅速な診断と、適切な治療へ導くための医療を心掛ける医師 齋藤淳一さん

循環器専門医であり、栃木県内では数少ない不整脈専門医である

 「栃木県に専門性の高い循環器医療を広めたい」。栃木県大田原市のさいとうハート&キッズクリニック院長の齋藤淳一医師は、このような志のもと地域医療の発展に努めています。
 同クリニックでは、内科、循環器科、小児科の診療を2名の医師体制で行っていて、齋藤医師は内科と循環器科を、同氏の妻であり同クリニック副院長でもある齋藤暁美医師が小児科と内科を主に担当しているそうです。

 齋藤医師は、日本循環器学会と日本不整脈心電学会認定の専門医です。それらの専門医になるためには、研究実績や多数の経験症例の提示を行い、学会で定めた試験に合格する必要があります。現在栃木県内でこれら二つの専門医認定を受けている医師は数少ないそうです。

 齋藤医師の強みは循環器疾患(狭心症、心筋梗塞、不整脈、心臓弁膜症、心筋症など)の診療の他、狭心症・心筋梗塞・脳梗塞の原因となる各種生活習慣病や小児から高齢者の風邪や腹痛などの一般内科疾患にも対応できる事です。
「中高年になると狭心症や心不全の患者さんが増える傾向にあり、その重症度が増すにつれて、悪性の不整脈を引き起こす可能性も孕んでいます。心配な方は早めに来院して欲しい」と齋藤医師は言います。
更に齋藤医師は循環器専門医の立場から睡眠時無呼吸症候群にも特化し、以下のような警鐘を鳴らしています。
「現代人の多くは中高年期からの肥満化により、睡眠時無呼吸症候群になり易いと思われます。この疾患はイビキを含めて特に苦しい症状がないために放置する方が多いようです。しかし放置すると心筋梗塞や脳卒中を発症し易くなるため、早期発見が何より大切です。睡眠時無呼吸症候群の診断装置を自宅内で自ら取り付け、翌朝に診断装置を返却していただければ、同日に結果は分かります。その後の病状説明をご理解頂いた患者様には、同日または翌日より治療が開始できます。」

<次ページへ続く>

【次ページ】 長年の大学病院勤務や留学で得た専門性の高い知識

齋藤淳一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

豊富な知識と経験に基づいた迅速な診断と適切な治療

会社名 : 医療法人メープル会 さいとうハート&キッズクリニック
住所 : 栃木県大田原市浅香1-4-3 [地図]
TEL : 0287-53-7979

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0287-53-7979

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

齋藤淳一(さいとうじゅんいち)

医療法人メープル会 さいとうハート&キッズクリニック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ