プロTOP:杉山裕子プロのご紹介

夫婦間の問題や心の不調に悩むクライアントを心から応援するサポーター(1/3)

看護師経験を生かす心理カウンセラー 杉山裕子さん

看護師経験から導かれたグリーフケアの重要性

 ほがらかな笑顔でクライアントを温かく迎えてくれる杉山裕子さんは、代表の倉持良信さんとともにクラージュこころカウンセリングルームを運営する心理カウンセラーです。杉山さんが心理カウンセラーとして第二の人生を始めたのは、看護師として23年あまり病院や介護施設で勤めた後のこと。あるがん患者のターミナルケアに深く関わったことがきっかけでした。

 その患者は、余命3カ月と宣告されていました。とても魅力的な人で、杉山さんは介護保険の申請や外泊の付き添いなど、通常の看護師業務の範囲を超えて付き合いました。彼女との関わりの中で、「残された家族は彼女の死をどう思うのか」「彼女亡き後のこの余韻をどうしたらいいのかと杉山さん自身が突き詰めて考えるようになりました。それ以後、ターミナルケアや心理学について学ぶようになったのです。

 当時のことを思い出しただけで、今でも胸がしめつけられる気持ちになるという杉山さん。その悲しみをグリーフケアへの取り組みに転化しました。グリーフケアが必要なのは、大切な人を亡くした直後だけではありません。夫を亡くした妻が、直後は悲しむ暇もなく子育てのために無我夢中で過ごし、子どもが自立した後、空虚感に突如襲われることもあります。何年も経過しているため、本人がその不調の原因に気づかないことも多いのです。

 「存分に悲しんでいいのです。亡くなった人に対する思いを素直に表現することが、その後の人生を生きやすくするのです。カウンセリングルームで何でも話してください。亡くなった方の良いところだけでなく、嫌だったことも含めて話してもよいのです。」先に逝ってしまった人を思い出し、十分に悲しんで、自分の気持ちを整理すること。それが故人を悼むことでもあり、自身のグリーフケアにもなるのです。

<次ページへ続く>

【次ページ】 男女二人のカウンセラーが同席する和やかなカウンセリングルーム

杉山裕子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

看護師として、離婚経験者として、クライアントを温かくサポート

屋号 : クラージュこころカウンセリングルーム
住所 : 茨城県結城市大字結城13917番地 [地図]
TEL : 0296-45-5020

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0296-45-5020

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉山裕子(すぎやまゆうこ)

クラージュこころカウンセリングルーム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ