コラム

 公開日: 2014-12-12 

葛根湯医者

 寒く乾燥するこの季節、しばしばカゼの流行が見られます。カゼに有効な漢方薬もいろいろありますが、最も有名な漢方薬「葛根湯」もその一つです。その知名度を裏付けるものとして、落語の小話に「葛根湯医者」というのがあります。

 「先生、頭が痛てえんで」「ああ、頭痛だな。葛根湯を煎じて飲みなさい」「先生、おなかが痛いんでございます」「腹痛だな、葛根湯をおあがり」「先生、目が痛くて」「ああ、葛根湯をおあがり。はい、次の方」「いや、私はつきそいに来ただけで・・」「まあいいから葛根湯をおあがり」・・・どんな病に対しても葛根湯を用いる藪医者を滑稽に描いています。

 さて“葛根湯と言えばカゼ薬”という印象が強いのですが、漢方家として名高い先人達の記録を見てみますと、カゼ以外にも肩こり、腰痛、下痢、視力障害、皮膚炎、乳汁分泌不足などの治療に葛根湯を用いて良い結果が得られているのです。でも決して葛根湯医者のように安易に用いているのではありません。葛根湯の本質をきちんととらえた上でお腹や目の病にも応用しているのです。

 このように、様々な病を同一の方法で治療することを「異病同治」といいます。また、同じカゼの初期でも葛根湯ではなく、他の処方で治療する場合も多く、このようなことを「同病異治」といいます。「異病同治」や「同病異治」は漢方薬が単に病名によって処方されるのではないということを表しています。

 葛根湯で治すことができるカゼは、ゾクゾク寒気がしてうなじや背がこわばり、発熱や頭痛は軽度で、発汗のない状態です。このときもし発汗が見られたり、虚弱な子供などの場合は桂枝湯(けいしとう)を用います。寒気はなく,発熱,咽痛などが主症状の場合は,銀翹散(ぎんぎょうさん)が有効です。このほか状況によって様々な処方が使われますので、ご使用の際には医師や薬剤師によくご相談ください。

この記事を書いたプロ

さくら堂漢方薬局 [ホームページ]

薬剤師 毛塚重行

栃木県宇都宮市雀の宮6-3-16 [地図]
TEL:028-612-8160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
さくら堂漢方薬局 毛塚重行様

漢方薬を家庭に取り入れて家族皆が健康に過ごせる毎日を目指す(1/3)

 栃木県内では数少ない漢方薬専門の薬局を開設しているのがさくら堂漢方薬局の薬剤師、毛塚重行さんです。アトピー性皮膚炎に悩む小学生から認知症のお年寄りまで、幅広い年代層の相談に応えています。 一般に、漢方薬は慢性病に用いられる、飲みにくい...

毛塚重行プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

種類豊富な薬剤の中から、個々人に細かく合わせた漢方薬を提供

店名 : さくら堂漢方薬局
住所 : 栃木県宇都宮市雀の宮6-3-16 [地図]
TEL : 028-612-8160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

028-612-8160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

毛塚重行(けづかしげゆき)

さくら堂漢方薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
イライラや生理周期の乱れが気になる方に 気の流れをチェック!

イライラして怒りっぽい,胸・脇・腹がよく張る,生理周期や基礎体温が不規則・・・という方は,「気の流れ」に問...

[ 漢方の考え方 ]

気・血・水でできている人の体

人の体をどのように見て,判断するのか。そこには様々な考え方があります。西洋医学と東洋医学との違いもあれば,...

[ 漢方の考え方 ]

花粉症と漢方
イメージ

 花粉症は・・・ 花粉症は,空気中の花粉が体内に入り,その成分を察知した体が花粉を排除しようとする防衛反...

[ 季節の漢方薬 ]

カゼ予防と漢方薬

 免疫力を高める  カゼやインフルエンザの原因となるウイルスから身を守るのは免疫力です。ワクチン接種は特...

[ 季節の漢方薬 ]

カゼと漢方薬

 カゼの漢方薬といいますと葛根湯が有名です。常備薬として利用されている方も多いのではないかと思います。でも...

[ 季節の漢方薬 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ