コラム

 公開日: 2016-12-21 

さくら堂漢方薬局通信2016年12月号 ダイジェスト

カゼ・インフルエンザの予防対策

カゼやインフルエンザが流行する時期!予防策をご紹介します。

<うがい・手洗い・板藍根>  
 予防策として一般に言われるのが,うがい,手洗い,マスク。そして漢方の知恵として板藍根(ばんらんこん)という薬草の利用が挙げられます。古来,板藍根は消炎の薬草として使用され,現在では多種のウイルス感染症に対する治療効果が報告されています。中国の学校では板藍根の煎じ液で児童達にうがいをさせるそうです。日本でも板藍根がハーブティーやのど飴に配合され,一般に利用しやすくなっています。

<免疫力を高める>
 カゼやインフルエンザの原因となるウイルスから身を守るのは免疫力。ワクチン接種は特定のウイルスに対する免疫を付けるものですが,完全に感染を防げるわけではなく,また他のウイルスには無力です。ですからワクチン接種だけで安心はできません。普段から体調を整え,自身の免疫力を維持することが大切です。そのために重要なことは,規則正しい生活習慣やバランスの良い食事です。
 漢方の五臓六腑の考え方からすると,免疫力に大きく関与する内臓は肺(呼吸器系),脾(消化器系),腎(生命力の源)の3つと考えられます。これらを中心に,それぞれの体調に合わせてケアをしていくことが免疫力を高める上で重要です。

発酵食品を含む処方 晶三仙(しょうさんせん)

「焦三仙(しょうさんせん)」という漢方処方があります。三種類の生薬で成り立ちます。漢方処方の中には,こうした「仙」や「神」の字が使われる物がいくつかあり,「素晴しい効果を持ち,病気の災いから人々を救ってくれる」という思いが込められています。また「仙」には“速やか”という意味もあり,速効性を期待して付されることもあるようです。
 焦三仙に含まれる生薬は,山楂子(さんざし),麦芽(ばくが),神麹(しんきく)という三種類です。山楂子はバラ科オオミサンザシの木の実で,麦芽は発芽大麦です。神麹は小麦ふすまやドクダミ,紫蘇,春菊などを混合し,発酵させて作る加工食品です。6世紀に書かれた中国の農書に神麹の詳しい製造法が記されています。神々の集まる日に作るという言い伝えがあったり,製造過程で薬草汁を白虎,青龍,朱雀,玄武などの神々に供えるといった作法が行われていたため,名前に「神」の字が冠されているとのことです。
 これらの生薬はそれぞれタンパク質や炭水化物の消化を促進し,また血中の脂質代謝に関わるなどの研究結果も示されています。食べすぎ・飲みすぎによる症状の改善に役立ちます。またお腹の働きを助け,胃腸を丈夫にする処方の中には,これらの生薬を含む物もいくつかあります。
 焦三仙の知恵を生かして作られたハーブティー晶三仙(しょうさんせん)も,食後に飲むとサッパリすると好評です。忘年会・新年会のお供にいかがでしょうか?


中国ではオオミサンザシの実をヒメリンゴのリンゴ飴のようにして楽しむ習慣もあります。

冬に活躍する剤型 膏方(こうほう)

漢方薬には様々な剤型があります。そんな中で,とくに冬に重宝されるのが膏方です。伝統医学では,冬は他の動物が身を潜めるのと同様に,人も活動を控えて滋養に努め,陽気の発散を防ぐのが良いとされています。その滋養に役立つのが膏方です。作り方は,滋養性の高い生薬を長時間煮詰め,蜂蜜や水飴,ニカワなどを加えてシロップ状にします。それを冬の間をかけて毎日服用していくのです。とくに上海の薬局では秋になると商品化された膏方が店頭に並び,さらに病院ではオリジナルの膏方を求める患者のために専門の膏方外来が開かれるとの事です。
 膏方のよい点として,じっくりと煮込んでいくことで胃腸に優しくなることが挙げられます。滋養に優れる薬草の中には胃腸の負担になる物があり,丸薬などではしばしば胃腸障害が問題になるのです。膏方は寒く乾燥した冬を乗り切るために,伝統医学の智恵が活かされた剤型です。
日本で流通する膏方の一つに婦宝当帰膠(ふほうこうきこう)があります。血液の栄養状態を改善し,月経不順や貧血,更年期障害などに悩む女性に適します。


12月おすすめのハーブティー

◎板藍茶(ばんらんちゃ)
 お湯に溶かして,うがいにも良し,お茶にも良し
◎晶三仙(しょうさんせん)
 ちょっと食べ過ぎた!! …こんな時の安心アイテム
◎香ロゼア(しゃんろぜあ)
 書類作成,発表準備,受験追い込み … 香ロゼアで気持ちをシャン!と
◎生姜茶(しょうがちゃ)
 身体の中からポカポカします。紅茶に入れたり,蜂蜜を加えたり

この記事を書いたプロ

さくら堂漢方薬局 [ホームページ]

薬剤師 毛塚重行

栃木県宇都宮市雀の宮6-3-16 [地図]
TEL:028-612-8160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
さくら堂漢方薬局 毛塚重行様

漢方薬を家庭に取り入れて家族皆が健康に過ごせる毎日を目指す(1/3)

 栃木県内では数少ない漢方薬専門の薬局を開設しているのがさくら堂漢方薬局の薬剤師、毛塚重行さんです。アトピー性皮膚炎に悩む小学生から認知症のお年寄りまで、幅広い年代層の相談に応えています。 一般に、漢方薬は慢性病に用いられる、飲みにくい...

毛塚重行プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

種類豊富な薬剤の中から、個々人に細かく合わせた漢方薬を提供

店名 : さくら堂漢方薬局
住所 : 栃木県宇都宮市雀の宮6-3-16 [地図]
TEL : 028-612-8160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

028-612-8160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

毛塚重行(けづかしげゆき)

さくら堂漢方薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
イライラや生理周期の乱れが気になる方に 気の流れをチェック!

イライラして怒りっぽい,胸・脇・腹がよく張る,生理周期や基礎体温が不規則・・・という方は,「気の流れ」に問...

[ 漢方の考え方 ]

気・血・水でできている人の体

人の体をどのように見て,判断するのか。そこには様々な考え方があります。西洋医学と東洋医学との違いもあれば,...

[ 漢方の考え方 ]

花粉症と漢方
イメージ

 花粉症は・・・ 花粉症は,空気中の花粉が体内に入り,その成分を察知した体が花粉を排除しようとする防衛反...

[ 季節の漢方薬 ]

葛根湯医者

 寒く乾燥するこの季節、しばしばカゼの流行が見られます。カゼに有効な漢方薬もいろいろありますが、最も有名な...

[ 季節の漢方薬 ]

カゼ予防と漢方薬

 免疫力を高める  カゼやインフルエンザの原因となるウイルスから身を守るのは免疫力です。ワクチン接種は特...

[ 季節の漢方薬 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ