プロTOP:阿部武士プロのご紹介

建築とお金のプロとして、家計に無理なくローンを払って行くために必要な知識と契約の仕方をアドバイス(1/3)

住宅ローン専門のファイナンシャルプランナー 阿部武士さん

事業不振により実父が二度も持ち家を手離したことで、綿密なマネープランが住宅購入には不可欠と知る。

  ファイナンシャルプランナーとしての独立を後押ししてくれた理解のある奥様と6歳・3歳・0歳の3人のお子さんを持つ阿部さん。「一生に1回の大きな買い物ですから、少しでも多くの情報を提供して後悔しないマイホームを購入してもらいたいんです。」と熱く語る阿部さんは今でこそ公私ともに充実した生活を送っていますが、幼少期から青年期まで、不遇の時代を過ごした経験を持っています。
「幼少の頃、父がたった3年で持ち家を手離し、良い条件の仕事があるということで栃木から宮城に引っ越して借家住まいをしていたことがあります。順調に見えた父の事業も次第にうまく行かなくなり、夜逃げ同然に栃木に戻ってからもアパート住まい。その後父は再度家を購入するんですが、勤務先の業績が悪化。収入が減ったことでまた家を手離し、そのまま両親は離婚しました」。

 工業高校を卒業した阿部さんは大好きな自動車業界に就職したにも関わらず、家計を支えていた身として、収入や将来性に不安や疑問を持たざるを得なくなって建築業界に転職。現場では責任とプライドを持って施工に携わっていましたが、営業に異動。お客様と接するようになると「儲けたい」会社と「損したくない」お客様の利益をいかに一致させるかという難問にぶつかり、住宅の販売と購入において、住宅ローンの返済に代表されるお金の問題の重要性に目覚めました。そして、建築会社や銀行が提示する物件の価格とローンのシミュレーションが数字上のデータでしかなく、各家庭のライフスタイルや家計状況が考慮されていない現実に危機感を覚えます。「家を売って利益を得たいメーカー側はいかにして物件の住宅ローンのを審査を通すか?ということには知恵を絞りますが、お客様が家計に無理なく返済するためにはいくらぐらいの物件購入が妥当か?までは考えてくれません。無理してローンを組めば後からしわ寄せが来て、私の父のようにせっかくのマイホームを手離すことになりかねないと考えたんです」。

<次ページへ続く>

【次ページ】 中立的な立場で相談に乗ることができる住宅専門のファイナンシャルプランナーの必要性を痛感。

阿部武士プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

工務店での実務経験を生かして住宅購入を力強くサポート

会社名 : 株式会社まごころ/とちマネ~栃木の住まいのお金相談室~
住所 : 栃木県河内郡上三川町上蒲生2180 [地図]
TEL : 0285-37-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0285-37-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

阿部武士(あべたけし)

株式会社まごころ/とちマネ~栃木の住まいのお金相談室~

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ